スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

示談交渉を勝ち取る裏慰謝料計算 赤鬼の「ザ・慰謝料」【完全版】


慰謝料には自賠責支払基準と地方裁判所支払基準の2種類がある
自賠責保険と任意保険の関係と「任意一括」が理解できる
自賠責保険の傷害部分の支払限度額が120万円であることを知っている
傷害慰謝料(入通院慰謝料)の対象になる通院日の定義を知っている
通院日の定義で、ごく一部の専門家しか知らない多くの特例を知っている
交通事故損害で損害の立証責任が被害者側であることを理解している
被害者が立証しない損害を保険会社は払わなくて良い事を知っている
保険会社は特例を計算せずしかも教えてくれないことを理解している
地方裁判所支払基準で入院して通院した時の慰謝料計算ができる
自賠責保険では後遺障害慰謝料と逸失利益が定額だと知っている
地方裁判書支払基準では逸失利益は収入で計算することを知っている

■先ほどの慰謝料計算もすでにご存知と思いますが、

示談交渉をお一人でされるのであれば、

念のため以下の計算をご確認いただけないでしょうか。

購入するとこんなメリットがあります

あなたは7日加算を使いこなすことで最低4200円を増額しマニュアル代の
回収を実現することができます
あなたはこのページで解説していない残りの10+αのスゴワザで慰謝料を
さらに増額することができます
おまけとして慰謝料以外の(逸失利益等)の増額法を数十ページ解説していますので休業損害の知識も得られます
あなたは自賠責基準より高額な地方裁判所基準が完璧に理解できますので、
示談交渉の際保険会社に増額を要求する根拠を習得できます
あなたは訴訟をせずに地裁基準を実現する情報公開制限付「魔法の館」の
解説をみることで、示談解決の選択肢が増える事になります
これ一冊で交通事故慰謝料に関するあなたの持っている疑問はほとんど
解決することができます
あなたは書籍では理解しにくい慰謝料計算を完璧に理解することができるので、
コストパフォーマンスに優れています

マニュアル内容メールサポート

マニュアルご提供以降、責任を持ってマニュアルの内容サポートを
させていただきます。



気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
示談交渉を勝ち取る裏慰謝料計算 赤鬼の「ザ・慰謝料」【完全版】


スポンサーサイト

2009/05/02(土) EBOOK トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://carxyz.blog69.fc2.com/tb.php/2706-da313e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。