スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

暗記と理解が同時にできる一石二鳥の文章暗記法




●●●●●は法の下に平等であって、人種、●●、性別、社会的身分又は門地により政治的、●●●又は社会的関係において差別されない
(憲法14条)

すべて国民は法の下に●●であって、人種、信条、性別、●●●●●又は門地により●●●、経済的又は社会的関係において●●●●●●
(憲法14条)
例の答えは下記です

すべて国民は法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により政治的、経済的又は社会的関係において差別されない
(憲法14条)
この方法を私は疑問に感じました
そして
これは暗記法ではない
自分の考える暗記法ではないと思いました。


読む順番変えるなんてありえない」
「ストレス溜まりそうで嫌」
に近い反応があった場合は拒否反応があるかもしれないけど、
慣れで克服してやると思われた方
または
「おもしろそう」
「別になんてことないよ」
的な反応の方は合っていると思います

2、本書での暗記法の方法について

結論から言いますと基本は
内国法人の各事業年度終了の時において有する減価償却資産につきその償却費としてその事業年度の所得の金額の計算上損金の額に算入する額は、その事業年度において償却費として損金経理した金額のうち、選定した償却方法に基づき計算した償却限度額に達するまでの金額とする(法人税法31条)
という長さの文章を
損金の額に算入する額は、損金経理した金額のうち、償却限度額に達するまでの金額とする
という短さにし、この文章を反復することになります。


気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
暗記と理解が同時にできる一石二鳥の文章暗記法


スポンサーサイト

2009/05/06(水) EBOOK トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://carxyz.blog69.fc2.com/tb.php/2803-db4ca0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。